キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カンボジア王国アンコールワットについて調べました!

海外旅行

カンボジア王国アンコールワットについて調べました!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

アンコールワット

カンボジア王国にあるアンコールワットは1992年文化遺産として登録されました 。
アンコールワットは寺院によって作られた都城という意味です。

建設が始まったのは第18代王スールヤヴァルマン2世の治世下、1113年のことで、完成したのはその30年後のことだった。

2平方キロメートルに及ぶ建物はアンコールの遺跡群の中で最大である。
寺院は長さ5.4Km の水濠で囲まれ左右対称の構造となっている。
そしてその内側に三重の回廊が巡らされている。回廊は内側ほど高く、第三回廊の中央が祠堂となっており高さ65 m の尖塔がそびえている 、これが本殿の中央祠堂である。
ヒンドゥー教で世界の中心とされているメール山を具現化している神の降臨の場であり、ここで王位継承の儀式などが行われていた 。

回廊はヒマラヤの山嶺、水濠は大洋になぞらえられており、その中央に位置する祠堂は神々が住むというメール山で、世界の中心であることが表現された 。

回廊はヒマラヤの山嶺、水濠は大洋になぞらえられており、その中央に位置する祠堂は神々が住むというメール山で、世界の中心であることが表現された 。

さらに壁面はヒンドゥー教の神話やインドの叙事詩の浮き彫りで埋め尽くされた 。
祠堂は神の降臨する場所でもあり、自らの墓所を祠堂に備えることで、王はヒンドゥー教の三大神の一柱であるヴィシュヌ神との一体化を目論んだのである 。
そして自らを神格化することで、国を治めたと考えられている 。

アンコールワットの柱や壁のいたるところにテヴァター(女神)の浮き彫りが施されている。これらのテヴァター(女神)は王宮の女性や舞姫をモデルにしたとされ顔はみな違っていると言われる。

アンコールワットの旅

アンコールワットへのみち

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!